日本語/English
主催
  • ロゴ:J-COAL
共催
  • ロゴ:経済産業省
  • ロゴ:NEDO
  • ロゴ:JOGMEC

プログラム

9月20日時点
※プログラムは全て日本時間
本ページを印刷される場合は、印刷倍率を100%以下に設定ください。倍率が100%以上の場合、正しく印刷出来ないことがあります。

DAY1 9月21日(火)

12:50
MCアナウンス

開会セッション

13:02
主催者開会辞
一般財団法人石炭フロンティア機構(JCOAL) 会長
北村 雅良
13:05
共催者挨拶-I
経済産業省(METI) 資源エネルギー庁 資源・燃料部長
定光 裕樹
13:08
共催者挨拶-Ⅱ
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 理事
小林 出
13:11
共催者挨拶-Ⅲ
独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC) 理事
金属環境・海洋・石炭本部長
廣川 満哉
13:14
基調講演-I
東アジア・ASEAN経済研究センター(ERIA) エネルギー特別顧問
木村 繁
アジア地域におけるCCUSの進展とAsia CCUS Networkの役割
13:54-14:30休憩
14:30
MCアナウンス

セッションⅠ  主要国のカーボンニュートラル化への政策動向

モデレーター:学校法人国際大学(IUJ) 副学長 国際経営学大学院教授
橘川 武郎
14:45
speech-1(米国)
米国ワイオミング州政府 総合実証センター(ITC) 所長
Jason Begger
カーボンニュートラルに向けた技術革新の加速化
15:05
speech-2(インド)
電力省(MOP) 中央電力庁(CEA) 既設火力部 課長補佐
Rohit Yadav
インドにおけるエネルギー政策最新動向
15:25
speech-3 (インドネシア)
エネルギー鉱物資源省(MEMR) 電力総局長
Ir. Rida Mulyana, M. Sc
インドネシアにおけるカーボンニュートラル化政策動向
15:45
speech-4 (豪州)
産業・科学・エネルギー・資源省(DISER) 資源庁 陸上鉱物・エネルギー局 局長
David Lawrence
豪州ー現在そして将来における信頼と責任あるエネルギー資源供給
16:05
speech-5 (日本)
経済産業省(METI) 資源エネルギー庁(ANRE) 資源・燃料部石炭課長
土屋 博史
カーボンリサイクル政策について
16:25
特別講演-A
国際大学(IUJ) 副学長 国際経営学大学院教授
橘川 武郎
世界と日本の動向;カーボンニュートラル化における石炭とアンモニア
17:00DAY1 閉

DAY2 9月22日(水)

10:20
MCアナウンス
10:30
基調講演-Ⅲ
アセアン・エネルギーセンター(ACE) 所長
Dr. Nuki Agya Utama
カーボンニュートラルへ向けたアジアの未来;石炭の役割
10:50
特別講演-B
電源開発株式会社(J-POWER) 取締役常務執行役員
笹津 浩司
2050年カーボンニュートラルと水素社会実現に向けたJ-POWERグループの取り組み
11:10-12:50休憩
12:50
MCアナウンス

セッションⅡ カーボンニュートラル化に向けたCCT技術開発とその導入の在り方

モデレーター:東海国立大学機構 名古屋大学 未来材料・システム研究所 所長 教授
成瀬 一郎
13:10
speech-1
一般財団法人石炭フロンティア機構(JCOAL) 国際事業部長
小田 俊之
カーボンニュートラルに向けた石炭火力の使命
13:30
speech-2(日本)
株式会社IHI 執行役員 資源・エネルギー・環境事業領域長
武田 孝治
カーボンニュートラル達成に向けたIHIのソリューション
13:50
speech-3(日本)
三菱パワー株式会社 常務執行役員 スチームパワービジネスユニット長 兼 エンジニアリング本部長
石瀬 史朗
持続可能社会実現に向けた先進発電技術の取り組み
14:10
speech-4(日本)
川崎重工業株式会社 常務執行役員 水素戦略本部長
原田 英一
褐炭由来液化水素の国際サプライチェーンへの取り組み
14:30
speech-5(インドネシア)
バンドン工科大学教授 CO2・フレアガス有効利用技術センター長
Dr. Mohammad Rachmat Sule
インドネシアのエネルギー産業における排出ガス削減策としてのCCS技術
14:50
speech-6(日本)
一般社団法人日本鉄鋼連盟 特別顧問
日鉄総研株式会社 常務取締役
小野 透
鉄鋼業における2050年のカーボンニュートラルに向けた挑戦と課題
15:10
質疑応答
15:30-16:20休憩
16:20
MCアナウンス
16:30
特別講演-C
キヤノングローバル戦略研究所(CIGS) 研究主幹
杉山 大志
脱炭素政策の経済的・地政学的帰結とトランジションにおけるクリーンコールの役割

セッションⅢ パネルディスカッション/カーボンニュートラルへの道
~コールフロンティアの役割

モデレーター:東京大学 公共政策大学院教授
有馬 純
パネリスト1:アセアン・エネルギーセンター(ACE) 所長
Dr. Nuki Agya Utama
パネリスト2:キヤノングローバル戦略研究所(CIGS) 研究主幹
杉山 大志
パネリスト3:電力省(MOP) 中央電力庁(CEA) 既設火力部 部長
Bikas Chandra Mallick
パネリスト4:世界石炭協会(WCA) 事務局長
Michelle Manook
パネリスト5:公益財団法人地球環境産業技術研究機構(RITE)
システム研究グループリーダー
秋元 圭吾
18:30
閉会辞/会議総括
一般財団法人石炭フロンティア機構(JCOAL) 理事長
クリーン・コール・デー2021実行委員長
塚本 修
18:50会議終了